カーストッパー|合成ゴム製衝撃吸収材|プラットホーム・クッション

PCS-150

PCS-150

Cushion & Stopper
ストッパー内蔵クッション

PCS-150特許庁意匠登録済み

PCS-150取付画像


PCS-150詳細図

D型中空タイプのメリットはそのままに、経済性・耐久性をアップさせるために
ストッパー部をクッションフィールド内部に設けました。


一口メモ製品の取付けと寸法公差について

  • 製品安全データ 中空タイプ

    一口メモ

    現行の中空タイプの耳部の亀裂・破損・脱落は、過剰加圧による製品の極度な変形が起因して、連結したゴム高分子どうしの破断を誘発することで起こると考えられます。
    PCS-100・PCS-150は、衝撃による極度な変形を抑制するようクッションフィールド内部にストッパー部を設けました。

  • 生産形態  受注生産 押出し成型
  • 材質    合成ゴム
  • 本体重量  約27㎏/2m
  • 定尺    2000mm
  • 特徴    内部のクッションエリアにストッパー部を形成




  • 130×150サイズ価格比較表
型式ゴム厚(mm)定価/m最長
PCD-131518±224,500-2000mm
PCS-15019±227,500-2000mm
PCD-1315-t3028±232,500-2000mm
PCD-1315Strong36±240,000-1500mm
PCD-1315RD無垢46,000-1000mm


取付要領

  • 製品を取り付けるときは、必ず適した平ワッシャーを使用して取付をおこなってください
  • アンカー作業は、製品現物を採寸してアンカー位置決めをおこなってください
  • 水平方向に数本取り付ける場合は、1本ずつ取付を完了して、次のアンカー作業を行ってください また、可能であれば水平方向に連続して取り付ける場合は約30~50mmのクリアランスをとることを推奨いたします。これは、次回のメンテナンスに柔軟性をもたせる為です。
  • アンカー打設と取付作業は、同じ事業者が施工することを推奨いたします

寸法精度について

弊社製品のほとんどは、押出し成型品で寸法精度3級です。
押出成形では、製品の押出し時の最初と最後が大きく出たり中間部は小さく出たりします、特に大きなサイズではそれが顕著に現れます。
寸法精度をお求めになる場合は、金型成型品を選択して頂きますようお願い申し上げます。
また、アンカー部の穴径や穴ピッチそして穴位置等につきましても、製品成型後にボール盤にて一つ一つ穴あけ作業を行っておりますので、必ずズレが生じてしまいます。アンカー先付け等の作業手順の工事では、寸法精度が求められますが、押出成形品ではその作業手順には対応できません。


出隅コーナー CDL-1315 (オプションパーツ)

  • 生産形態  受注生産 金型成型
    130×150サイズ用の出隅コーナーです
  • ゴム厚=取付面約20t D面約15t
  • 寸法公差±2mm

    CDL-1315-1

    CDL-1315-5

    CDL-1315、1315サイズ用出隅コーナー

CDL-1315取付要領

CDL-1315アンカー

アンカーの選択
1、両方雌♀アンカー使用=OK
2、片側雄♂アンカー、片側雌♀アンカー使用=OK
3、両方雄♂アンカーはNG







後方荷役

後方荷役に向いています

blocks_rubber_bumper (1)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional