カーストッパー|合成ゴム製衝撃吸収材|プラットホーム・クッション

PCE-6018のバージョンアップ製品1

PCE-6018Y-1(N)

納期1~2カ月

PCE-6018Y-1(N)


穴径変更 全φ18mmになりました。

PCE-6018Y-1(N)2017詳細図


L2マークについて

  • 受注生産
  • 製品名=プラットホームストッパーE型
  • 型式=PCE-6018Y-1(N)
  • 長さ=2000mm
  • 本体材質= 合成ゴム
  • 製法=押出成型
  • 押えフレーム材質=
      鉄  2.3t 焼付塗装=黄色(フォーミング)
      SUS304 2.0t(オプション)受注生産
  • 押えフレーム(黄色)を追加することで、距離感がつかみ易くなった
  • 押えフレームを追加することで、長年使用によって取付ボルトが本体へ
    埋没する事が無く、躯体とゴム本体の設置部に隙間が生じにくくなった。
  • 押えフレームを追加した事で、取付ボルトピッチが均等
    になり見た感じがスマートになった
  • 押えフレームは、イメージカラーに塗り替えが可能(オプション)
  • 使用環境によって、押えフレームのSUS製(SUS304)もご用意できます(オプション)
  • 押さえフレームを上下溝に計2本付属するPCE-6018Y-2もあります。
  • 主な使用用途
    • プラットホームに
    • 船舶に
    • 港に
    • 空港に
    • 工場に
    • ガードレールとして
    • ★★★★★

建築リサイクル法の概要 その8Yamatsu-Desing



blocks_rubber_bumper (1)

製品のアップグレード情報

PCE-6018は、ボルトオンタイプなので取付のナット部が使用環境によっては製品に埋没し、ゴム本体が脱落するというトラブルが考えられます。
今回バージョンアップしたPCE-6018Y-1は、
C型のスチールフレームを、製品の溝部に設けることによって、製品本体の剛性が上がりしっかりと取付が出来るようになりました。
C型スチールフレームを黄色に着色することにより視認性をアップすることができ、運転席のドライバーが距離感をつかみ易く、荷台の衝突を防ぎやすくなりました。

関連ページ

詳細図は、図面データPCE-6018Yよりダウンロードしてご確認ください







a:5143 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional