カーストッパー|合成ゴム製衝撃吸収材|プラットホーム・クッション

ゴム製品の寸法公差表

ゴム製品の寸法公差表(社内基準)

  • ゴム製品は、指示寸法と実際に作られた製品の寸法との間に必ず寸法誤差が生じます。
    この寸法誤差は使用上問題ない範囲=許容差として製品ごとに決められています。許容差の最大寸法と最小寸法との差のことを寸法公差といい±数値として表わされます
  • 現在国内の規格で統一された寸法公差に関する指標がありません、弊社では工業用ゴム製品寸法公差表(ドイツ技術者協会:VDI-2005)の寸法公差を参考にしています。
  • 注意:表記数値は、あくまで目安であり保証値ではありません。

製品寸法1級2級3級スポンジ
0~3mm±0.2±0.3±0.4±0.5
3~6mm±0.2±0.4±0.5±0.6
6~10mm±0.3±0.5±0.6±0.8
10~18mm±0.3±0.6±0.8±1.1
18~30mm±0.4±0.8±1.0±1.9
30~50mm±0.5±1.0±1.5±3.2
50~80mm±0.6±1.2±2.0±5.4
80~120mm±0.7±1.4±2.5±8.3
120~180mm±0.8±1.6±3.0±12.5
180~250mm±1.0±2.0±4.0-----
250~315mm±1.2±2.5±5.0-----
315mm以上±0.5%±1.0%±2.0%±8.3%

製品寸法は断面寸法で、製品の長さに対する公差ではありません。長さに対する弊社製品の公差は2000mmで±5mm以内(0.25%以内)を基準としています。

1級

1、金型で成形されるもので特に精密な寸法を要求される品物に適用
2、成型の際に加圧方向に対する公差は、
---0~30mmまで 0.2mm
---30~180mmまで 0.5mm
---180mm~500mmまで 1mm
   増加します。

2級

1、金型成型品、一定断面の押し出し成型品
  GP-450Y OB-200 450Rなど
2、ゴム板からの打ち抜き品

3級

1、押し出し成型品 (プラットホームクッションなど)
2、手加工成型品
3、精度を要しないホース
4、加硫後、機械加工であけた孔
5、表面に模様のあるゴム板

ゴムスポンジ

表記数値は、あくまで目安であり保証値ではありません。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional