カーストッパー|合成ゴム製衝撃吸収材|プラットホーム・クッション

クッション&ストッパー

プラットホーム緩衝材クッション&ストッパー

プラットホーム緩衝材の新時代をリードします

開発秘話

ある展示会に出展していた時の話です、

大手商社N社のバイヤー様の、製品に対する不平・不満がきっかけです。

その方の不満は、
中空タイプは、クッション性は有るがストッパーとしての役割は果たしてないじゃん!」

「永持ちするか?って言うとそうでもないし、でもこんなのしか無いもんね!どこも」

「ブロックタイプ(無垢タイプ)は、硬すぎちゃって、衝撃吸収って気がしないんだよね!」

「じゃぁ、また、いいのが、出たら言って!」

と言って、去って行かれました。

この、貴重なご意見を受けたのがきっかけに・・・

その時は、瞬間思ったのですが

「お言葉をかえすようですが、中空タイプ無垢タイプ

どちらにもメリットとデメリットが有りますよ・・・」

3日間ある初日の出来事だったので、少々へこみました

でも、なにかスッキリとした気持になったのも事実なのです。

あれほど、ズバッと斬られたから

いや、なにか秘めていたタブーを明るみに出されたような

一種の開き直りのような

小説家じゃないので、うまく表現が出来ませんが

そんな感じで、スッキリと・・・


何十年もの間、寸分も形を変えなかった製品だったのは事実です

これが、ゴールデンデザインだと

自分達に言い聞かせていたのではないだろうかと考え始めました

コンスタントに販売は伸びているし

問題視しないように、目を背けていたんじゃないだろうか

その方が、楽だから・・・

そう言えば、私がこの業界に入った約30年前からな~んも変わってない

なんの進歩もしていない!

世の中は、ポケットベルからスマートフォンの時代になり

やがて、ロボットの時代がやってくるというのに

自分たちの怠慢が、甘んじてた事が、胡坐をかいていた事が

進歩を生んでいなかったんじゃないだろうか?

そして、なにより

「ユーザー様の利益を本当に考えていたのだろうか?」

「時代のニーズにマッチした、いい製品を出さんとあかん!」

「ユーザー様に申し訳ない」


大阪に帰って、書き出しました

1、クッション性があること
2、ストッパー効果があること
3、壊れにくいこと
4、まだまだ、プラスアルファ

この全てを、クリアーするものを・・・

「不可能や!」

「二つはクリアー出来ても四つ全部は絶対無理や!」と皆、口々に同じことを言い出します

「こんなんあったら、ほんまにええやないか!」と私

しかし、

 数日が過ぎた頃から、ポツポツと

「こんなんどないやろ!」と皆

「こないしたら、あかんかな!」と皆

取扱店の社長様まで、「これは、どうかな!」って

手書きでスケッチをくれたりするようになってきました

あれれ~!

みんな、消極的やったんちゃうのん?

私も、CAD画面を開いているだけで、1本も線を引けない日が続いて

「やっぱり、無理やわなぁ!」

なんてなことを、実は頭をかすめていました

こっちをこうすれば、あっちが立たず

あっちをこうすれば、こっちが・・・・

このような、経緯でやっと誕生したのが

クッションとストッパーを融合させて

且つ、ノンスリップ効果をプラスしたPCS-6016YNSと

複合タイプ PCS-150 PCS-100が出来上がりました

製品の耐久試験などクリアーしてから、発売させて頂きますので

もうしばらく、お待ちください。




貴重なご意見を頂いたバイヤー様をはじめ取扱店の社長様

従業員そして、このプロジェクトに携わった全ての皆さまに感謝申し上げます。



2013/6/30 記;山口泰平

ロジック・ラバー・バンパー








a:3742 t:2 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional